【宮城】松島だけじゃない!宮城県の絶景ビッグ3

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です 。

『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点の
オススメスポットをお届けします!

******************

宮城県の絶景といえば、
日本三景に数えられる「松島」を知らない人は
ほとんどいないでしょう。

波がおだやかな湾内の海に浮かぶ大小様々な小島を
松の木が彩る多島美の風景です。

松尾芭蕉など多くの文人を魅了してきたこの湾景は、
一生に一度は訪れてみたいものですよね。

日本三景 松島1

今回の記事では、
言わずもがな宮城の絶景である「松島」の特集・・

・・ではなく、それ以外でも宮城県には
他の地域の人にとってはそれほどメジャーではなくとも
「文句なしに絶景!」と言えるところがたくさんあるんです!

今回の記事では、
その中でも特に圧巻の景観スポットを3つご紹介します!

 

<蔵王の御釜>

五色岳と御釜 | Mt. Goshikidake & Lake Okama

「蔵王」というと、山形県にある蔵王温泉が有名ですが、
蔵王連峰は宮城県と山形県にまたがっており、
この神秘的な「御釜」も県境に位置しています。

季節それぞれの美しい景色が楽しめる国道でもある
山岳観光道路「蔵王エコーライン」から、
御釜に直結する有料道路「蔵王ハイライン」(往復520円)
で山頂を目指します。

ヘアピンカーブを次々に曲がり高度をどんどん上げて
山岳風景のダイナミックな変化を楽しめる、
運転好きにはたまらないドライブコースですよ。

ただし、ゴールデンウィークには渋滞もあるので、
「苅田リフト」(往復750円)もオススメ。

1500メートル以上の標高で、風も吹くため
夏でも肌寒く、それ以外の季節はとても寒いですので
服装には気をつけましょう。

リフトの到着したところや、駐車場のある山頂レストハウスから
わずか5分ほどゴツゴツしたところを歩けば、
日本とはとても思えないような豪快な光景が目に飛び込んできます。

直径330メートル、周囲1キロメートル、
いちばん深いところでも水深30メートル弱という
けして大きくはない湖ですが、
火山の火口にできて酸性が強すぎるため生物がおらず、
その周囲の岩場の険しさもあいまって、
人を寄せ付けないような物々しさに圧倒されます。

しかも、この湖はなんと!
日照の角度や天候などにより湖面が色を変えるんです!
真緑色、エメラルドグリーン、瑠璃色などなど、
訪れるたびに違う表情を見せるので「五色湖」とも呼ばれています。

神秘的な湖の色だけでなく、
ふきすさぶ風の音、鳥の声のさえずり、めまぐるしい雲の動き、
などなど全身の感覚で大自然を感じられ、
ずっと眺めていても飽きることのない壮大な景色です。

ただしタイミングによっては霧によって見えないこともあるので、
天候に恵まれるよう、数回チャレンジするくらいの
余裕をもった予定で臨むとよいかもしれませんね。

 

<白石川堤一目千本桜>

1000 Riverside Sakura Trees Blossom

仙台駅から電車で50分ほど、
伊達政宗を支えた名武将・片倉景綱の居城だった
白石城のある地域は、
蔵王連峰を背景にした美しい城下町です。

そこを流れる白石川を10数キロほど下ったところに、
大河原町と柴田町の2つの町を貫く
白石川堤の全長8キロメートルにもわたる桜並木があります。

この桜並木は、「一目千本桜」と呼ばれ
いつまでも続くかのような長さが特徴ですが、それだけにとどまりません。
ひとつひとつの木が古木のため大きく貫禄があり、
その背後の遠望には残雪をかかえる蔵王連峰が雄大な姿を見せ、
それがパノラマのように見渡せるのだから圧巻です。

遠くには広い青空にうっすらと溶け込む黒と白の蔵王、
近くには淡い紅色の桜と空を写す白石川の清流。
このコントラストの絶景を一目見ようと、
桜の見頃の4月上旬から下旬にかけて多くの観光客が、
河岸の散策をしたり、屋形船に乗り込みます。

JR東北本線でその近くを通るとき、電車内からも見えるので、
その姿を見たい乗客への配慮で少しゆっくりと走ってくれますよ。

 

<鳴子峡>


紅葉の景勝地が多くある宮城県の中でも、
ここ鳴子峡は随一の風光明媚を誇ると言えるでしょう。

「鳴子こけし」の里としても有名で、
古くから湯治場として知られ水質も随一の
奥州三名湯のひとつ、鳴子温泉郷から車で約10分と近く
(紅葉の時期には臨時バスもあります)、
温泉に訪れる人々はもちろん、
多くの観光客を集める全国でも屈指の紅葉スポットですね。

10月中旬から11月上旬にかけて、
大谷川に沿って全長2.6キロも続く
高さ100メートルほどの断崖絶壁のV字型の峡谷が、
艶やかに染められた紅葉に彩られる光景は
圧倒的な美しさで訪れた人々を魅了しています。

鳴子峡レストハウスの見晴台から眺められるので、
絶景ポイントに行くまでに体力や危険を犯すリスクはありません。

近くには2.2キロメートル、徒歩1時間ほどの
大深沢遊歩道もありますので、ゆったり散策するにも最適です。
ぜひ温泉とセットで訪れてみてくださいね。

 

******************

以上、宮城県の絶景特集でした!

季節によって違う印象を与える
宮城の自然を堪能しに、ぜひ足を運んでみてください


こちらのサイトに格安ツアーがないかも、
チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

ページ上部へ戻る