【群馬】温泉パワーの源!上毛三山の聖地

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です。


『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点のオススメスポットをお届けします!

 

名立たる温泉地がひしめき合う温泉のメッカ、群馬県。

全国的にも圧倒的な知名度を誇る草津・伊香保を筆頭に、
水上(みなかみ)、万座、老神(おいがみ)、四万、
猿ヶ京・三国、中之条・川原湯、磯部などなど、
400以上もの源泉が集まっています。

ところで、そもそも
温泉の”おおもと”となるものは何でしょう?

それはもちろん、火山ですね。
つまり群馬県は、
豊富な温泉が湧き出る山に恵まれているということ。

では、その群馬の山々の中でも、
全国的に知られた観光地となっている
代表的な3つの山をご存知でしょうか?

その3つの山とは、「上毛三山」と呼ばれる
「赤城山」「榛名山」「妙義山」。

ちなみに、群馬県の学校では
運動会などでこの上毛三山にちなんだ慣習があります。
それは、他の地域では「紅組」「白組」で対抗するところ、
群馬県では「赤城団」「榛名団」「妙義団」の3つに
組分けされて競い合うというもの。

そんな、群馬県民の心のふるさととなっている
赤城・榛名・妙義の3つの名峰。
高原なのでネイチャースポットであるだけでなく、
古くから山岳信仰の対象となっており
関東屈指のパワースポットもあるんですよ!
 
今回の記事は、「上毛三山」と
そのそれぞれの名を冠する神社の魅力をご紹介します!

 

【赤城山・赤城神社】

MountAkagi.jpg

By Javbw – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

日本百名山のひとつ、赤城山。
冬に乾いた強風が吹きすさぶ「赤城おろし」で有名ですね。

赤城山とは、このあたり一帯の火山の総称のことで、
最高峰は標高1828mの黒檜山(くろびさん)です。
カルデラ(火山活動によりできた凹地)を持つ
雄大な自然が魅力の群馬のシンボルは、
関東平野を一望する場所に多くの温泉宿を抱えています。

山麓には花や紅葉の名所に恵まれ、
数多くの観光牧場やオートキャンプ場、
地元産そばや利根川のアユが名物のレストランがありますよ。

Akagi Shrine

標高1340mの高さにある
周囲4kmのカルデラ湖の大沼は、
夏の避暑地としても定番のスポット。

ハイキングや、気軽な登山、
ボート遊びや釣り、キャンプが楽しめるアクティブな観光地に、
女性から絶大な人気を誇るパワースポットがあるんです。

それが、いまや全国に300社以上も分祀されている神社の
総本社は、赤城山そのものをご神体とし
湖の神である赤城大明神も一緒にまつる赤城神社。

大沼の湖畔に突き出た半島に位置しているので、
赤い橋を渡って鳥居をくぐると、
目の前には見晴らしの良い湖の景色が広がります。

初夏には、大沼やそれを囲む山々に咲くツツジが美しく、
冬にはワカサギ釣りができるほどに水面が凍る白銀世界。

そんな風光明媚な赤城神社は、
女性の願いをかなえる赤城姫の伝説があり、
美人の子を授かるご利益の評判が高く、
バレンタインの頃に行われる「赤城の中心で愛を叫ブー」
略して「赤チュー」と呼ばれるイベントも。
(「ブー」は、麓の前橋が豚の名産地にちなんだ?)

朱色の神橋や社殿が清廉な境内は、
晴天でも霞がかかっていても神秘的な美しさで
必ずや印象深い旅の思い出になるでしょう。

 

【榛名山・榛名神社】

真光寺からの榛名山 (群馬県渋川市渋川)

真光寺からの榛名山 (群馬県渋川市渋川) posted by (C)Rubber Soul

榛名山も、赤城山と同様にカルデラを持つ
複数の山々の総称で、古くから山岳信仰の聖地であり、
伊香保温泉を抱えるパワフルな山域です。

最高峰は掃部ヶ岳(もんがたけ)の1449mですが、
標高1100mのところにある榛名湖と、
そのすぐ隣に美しい円錐型が鎮座する
榛名富士(1390m)が有名ですね。

四季折々の自然が楽しめる榛名湖は
温泉やご当地レストランはもちろん、
気軽に歩けるハイキングコースやキャンプ場、
湖畔をのんびり周る「トテ馬車」などアクティビティが大充実。
湖のクルーズ「榛名湖遊覧船はくちょう丸Ⅱ世号」で
流れるアナウンスから榛名の歴史や自然を学べます。

約3分かけてロープウェイで榛名富士の山頂へ上ると、
頂上には縁結びや安産祈願の信仰を集める榛名富士神社から、
赤城山や秩父、日本アルプスを見渡す絶景が味わえますよ。
 

Japanese religious architecture / 榛名神社(はるなじんじゃ)

榛名湖の南西に、 関東屈指と名高いパワースポットがあります。

そこは創建586年の歴史を持つ、榛名神社。
榛名山麓の森の中、 大自然の幽玄な空気をまとい
修行者の霊場として栄えたまさに聖地中の聖地です。

随神門をくぐって境内に入ると、
坂や階段の続く長い参道の傍らには川が流れ、
深淵で巨大な岩々 、神秘的なパワーがみなぎる滝、
歴史を刻む杉の大木 、苔むす石垣に囲まれます。
表情豊かな龍の彫刻や七福神たちの像にも癒され、
本殿までのかなりの道のりも疲れを感じません。

清涼な自然と歴史を感じる人工物が調和した景観が美しく、
見事な彫り物と、赤と黒を基調とした彩色の社殿により、
厳かな雰囲気をさらに引き立たされて、
ここに来れた喜びをかみしめる人の声が絶えません。


【妙義山・妙義神社】

妙義山奇岩 中之嶽石門

妙義山奇岩 中之嶽石門 posted by (C)gekkoh

世界遺産にもなった富岡製糸場のある富岡市の近く、
群馬県の西にそびえ立つのは、
日本三大奇勝のひとつに数えられる妙義山。

他の2つの上毛三山と違い、活火山ではなく、
標高もやや低め(最高峰が1104m)ですが、
奇岩の名勝地として多くの登山家に愛され、
そのユニークな形の岩石群は日本屈指の山岳美と讃えられます。

桜やコスモスなど季節の草花と
妙義山の切り立つ断崖が織りなす雄大な景色は必見!

鉄道ファン、レトロファン、廃墟ファンにとってはたまらない、
明治期に完成した赤レンガの4連アーチ橋(通称「めがね橋」)は、
アプト式鉄道を採用した旧国鉄信越本線の廃線跡になっていて、
現在は「アプトの道」という散歩道として整備されています。
 

妙義神社

歴代の徳川将軍家に厚遇され上毛の日光と称される
妙義山信仰の中心地が妙義神社。

妙義山の東麓に鎮座する社殿は、
鮮やかな朱色の総門、細部まで装飾された唐門と、
黒と金色の荘厳さから豪華絢爛という言葉がふさわしく
国指定の重要文化財となっています。

近くに上野国一之宮である貫前神社もあり、
下り宮(坂道の下の方に本殿がある)は
全国的にも非常に珍しいのでオススメです。

******************** 

以上、群馬県の「上毛三山」特集でした!

こちらのサイトに格安ツアーがないかも、チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

ページ上部へ戻る