【石川】里海でほっこり能登カフェ

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です 。

『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点の
オススメスポットをお届けします!


******************

石川県の能登半島。
能登国として立国1300年以上の歴史を誇り、
海と山の調和した独自の文化が育ってきました。

巨大な灯篭が乱舞するキリコ祭りなど
「奇祭の宝庫」と言われるほどエネルギッシュでもあり、
輪島塗に代表される伝統工芸はもちろん、
「奥能登国際芸術祭2017」が開催されたように
アートの素地もある個性的な地域なんですね。

島根県の出雲大社で有名な大国主命(大黒様)は
この能登半島にも船で上陸して統治したとも言われ、
その大国主命をまつる気多大社(けたたいしゃ)があることで
不思議なパワーのある場所なのかもしれません。

By Steph & Adam from Calgary, Canada – Wakura June 11 2006 204, CC 表示 2.0, Link


ローマ法王に献上されたことで有名になった
羽咋市の美しい「神子原(みこはら)の棚田」、
海沿いに1000枚以上もの棚田が連なり
ツーリングスポットの定番の「白米(しろよね)千枚田」、
など「能登ジェニック」な里山風景。

500年の歴史を持つ製塩法を受け継ぐ「揚げ浜塩田」は
国の重要無形民俗文化財に指定され、
軍艦のような迫力の見附島(みつけじま)、
日本で唯一バイクや車が砂浜の波打ち際まで走れる千里浜(ちりはま)、
観光船でリアス式海岸を巡る九十九湾(つくもわん)、
日本三大パワースポットとも言われる珠洲岬(すずみさき)、
などなど数え上げればきりがない海岸の絶景の数々。

20141012-見附島(Mitsuke Island)


しかも、2011年には
日本で初めて「世界農業遺産地域」に登録され、
人と自然が共同で作り上げた里山・里海の代表的な地として
世界に認められています。

日本四大杜氏である能登杜氏(のととうじ)を抱え、
ワイナリーまであるように、
食文化も豊かでグルメ旅もできちゃいます。

豪華絢爛な「能登丼」はまさにその体現。

地物海鮮能登丼 (bowl of rice topped with sashimi of local specialities)

今回はその魅力盛りだくさんの能登の、
美しい海岸をドライブでじっくり堪能し、
おしゃれな空間でのんびりできて
ハイレベルな美味しいものも味わえるカフェ特集です!

 

<しおカフェ>

能登半島の最北端、
コンビニに何十分も出会わない海岸ドライブの最中に、
カフェの看板がふと現れます。
シンプルな外観のため通り過ぎないように注意しましょう。

駐車場はちょっと停めにくいですが、
平日なら空いています。

1階はカフェスペース、2階はギャラリー兼お土産ショップの、
白基調で落ち着いた雰囲気の店内。

カウンター席に座れば、
ピクチャーウィンドウからの日本海の眺めは最高です。

このカフェのポイントは、店名のとおり「塩」。
なんと、近くの揚げ浜式塩田でカフェスタッフ自ら製塩したものを
使用しているとのこと。

可愛らしく料理に添えられる見た目涼やかな「しおゼリー」は、
口に含んだ瞬間かすかにシュワッとするサイダー感と
さわやかなサッパリ味の甘さが人気です。

看板メニューのパンケーキは「しおサイダー」が使われていて、
見た目のボリュームが大きいですが、
ふわっふわのためぺろりと食べ切れちゃいますよ。

その他にも、ビーフシチューなど能登牛のメニューも
贅沢気分を堪能できて大満足!のラインナップです。

 

<古民家カフェ空間樂あまら>

能登島の南側の海岸沿いに、気さくなオーナー夫婦が
古民家を改装したカフェを営んでいます。

ランチやケーキセットをのんびりいただきながら、
海を眺めることのできるアットホームな空間ですよ。

お手頃価格なのに、オーガニック野菜や、
小麦の代わりに玄米粉というグルテンフリーの素材など
体に良い食材にこだわった料理は、手作りで優しい味付け。

何度でもリピートしたい、安らぎのカフェスポットです。

  

<cafe cove>

海の家をリノベーションした、カラフルながら
木のぬくもりが感じられるおしゃれな空間です。
入江に面しているので、店内から見える海の波は穏やか。

もともと「二三味珈琲」という全国的にコーヒー通から
高い評価を得ていたコーヒー専門店の焙煎所だった所を、
直営のカフェとして営業を始めたお店です。

海辺というロケーションで、
自家焙煎のこだわりのコーヒー豆、
そしてゆっくりとドリップで淹れたコーヒーはまた格別ですね。

 

<つばき茶屋>

カフェというよりは
定食メニューが充実しているお食事どころですが、
広々とした芝生のテラス席だけでなく、
店内からでも高台からの海を一望できる景色は、まさに壮観。
 
奥能登を訪れたなら、ぜひ一度は行くべき!
と地元の人からも太鼓判も押されています。

能登の豊富な海の幸が堪能できるお店の
景色以外のもうひとつの人気の理由は、この「メニュー石」。

なんとも愛らしく、手作り感もまた旅情を感じられれて、
旅の思い出になりますね。

 

<海とオルゴール>

能登島の北側に面し、ずっと海を眺めていられる心地よい空間です。
天気がよければ青々とした海が眼前に広がり、感動的。

情熱的で気遣いも抜群な女性オーナーとの会話も魅力的です。

自家焙煎コーヒーはもちろん、ハーブティーも自慢のメニューです。

実はこのお店はイルカウォッチングの会社とも同じで、
イルカ情報も詳しく入手できますよ。

 

******************

以上、石川県の海沿い能登カフェ特集でした!

こちらのサイトに格安ツアーがないかも、
チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

ページ上部へ戻る