【福井】東尋坊のすぐ近く!芦原温泉・三国湊エリアの双頭レジャー施設

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です 。

『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点の
オススメスポットをお届けします!

 

福井県を代表する観光エリアに、
芦原温泉・東尋坊・三国湊があります。

このそれぞれがひとつの観光地として通用するくらいの
知名度と見どころを備えていますが、
すべてが同じ地域に集まっているので
車があれば1日の旅程の中に収まりますね。

そこでさらに!
見逃せない施設が2つ、そこに加わりますよ。

ひとつは、目がくらむほどとにかく超巨大!
もうひとつは、コンパクトだからこそギュッと詰まった体験ができる

・・という対照的な2つのレジャースポットですが、
そのそれぞれの魅力をご紹介します!

 

<特大スケール!芝政ワールド>

この施設の特徴は、なんといっても広大さ!
大きいことは、シンプルに驚きをもたらします。
しかも、ただ広いだけの場所ではありません。

国内最大級のプールに、
なんと50ものスライダーがあるんです!
まずはその中でも目玉となるビッグ3を動画でご紹介しますね。

《 ザ・モンスターウイング 》

 

《 ザ・モンスタースライダー 》

 

《 トリプルザウルス 》

 
  

これだけスケールの大きい遊園地ですが、
企画も遊具も年々進化を続けています。

それなのに、やや僻地にあるためなのか、
ゴールデンウィークなどの大型連休を除けば
人混みでうんざり・・・ということもなく、
あまり並ばずに人気アトラクションで遊べます。

 
ただし園内で開催しているイベントについては、
回数が多くなく、敷地がやたらと広いので、
場所と時間を事前に確認して計画的に行かないと
なかなか見ることができないかもしれませんね。


夏のプールが目玉!というのは間違いないのですが、
それだけではありません。

広大な芝生は手入れが行き届いており、
日本海を望むダイナミックな光景も圧巻。

北陸の中でトップレベルに長く見られるイルミネーションは、
ストーリー性があってディズニーランドに並ぶクオリティと評判。

さらに、海賊をテーマとした遊園地やオートキャンプ場など、
子連れファミリーで楽しめるものが溢れています。

もちろんカップルでも友人グループでも、
どの季節でも遊び尽くしたくなる充実したレジャースポットですよ!

 
 

<ふれあい体験がたくさん!越前松島水族館>

越前松島水族館

日本海を一望する岩場に面したところに建つ、
60年以上の歴史を持つ古き良きアットホームな水族館。

この「越前松島水族館」の長年の人気は、
少数精鋭の職員たちの「楽しんでもらおう!」
という姿勢に支えられているんですね。

日本全国津々浦々に水族館は数あれど、
他ではなかなか体験できない”ふれあい”がたくさん。

コンパクトな敷地ながら展示の仕方に様々な工夫がされ、
訪れた誰もが期待をはるかに上回る楽しさに大満足して
多くの人がリピーターとなっています。

イルカのショーは、他の水族館でも定番の展示ですが、
この越前松島水族館では、大規模水族館にはないような
かなりの近距離での観覧がウリですよ。

現在はイルカショーのエースとして活躍している「ラボちゃん」は、
1997年に近海で起きたナホトカ号重油流出事故の当時、
まだ生まれて半年の赤ちゃんイルカ。
水族館にも重油が侵入してくる危機から、
世界で初めての「イルカの赤ちゃん移送プロジェクト」となり、
無事に生還しました。
当時このプロジェクトの困難さと関わった人々の熱意も知ると、
よりいっそうドラマティックにショーを感じられるでしょう。

 

この水族館の目玉アトラクションとしては、
「ペンギンの散歩」もあります。

そのペンギンをはじめ、イルカはもちろん、
タッチがオーケーなアザラシ、
食事の様子を見せてくれるカワウソも人なつっこく、
飼育員の愛情がうかがい知れますね。

全体的にこじんまりとしていますが、
癒し系のマンボウ、話題のダイオウグソクムシ、
美容効果まであるドクターフィッシュ、
深海魚のコンペイトウ、などなど、
展示しているバリエーションは豊富で、
短い時間でもぎゅっと凝縮して楽しめます!

ペンギンが頭上を飛んでいるかのように見せる
天井張りの水槽や、
サンゴ礁を歩いているかのような感覚になる
透明アクリル板の上に乗れるアトラクションも。

さらに、設備のバックヤードまで見学するツアーまであり、
まさに全身で海の世界にどっぷり浸かれる、
体感・体験型の水族館ですね!

 

********************

以上、福井県三国エリアの2大レジャー施設でした!

こちらのサイトに格安ツアーがないかも、
チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る