【鳥取】鳥取市内で星取県の実力を知る4スポット

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です 。


『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点の
オススメスポットをお届けします!


******************

 

鳥取県と言えば、
やっぱり砂丘のイメージが先行しますよね。

県民の方々もそれを誇りに、
スターバックスコーヒーがまだ県内に進出してきていないとき、
「すなば珈琲」とモジッたり。

しかし!
最近の鳥取県は「砂場」だけじゃないですよ。


環境省から「星の見えやすさ」で全国1位と認定され、
星空の美しさが自慢なんです。

そこで今回は、星空愛好家がイチオシする、
鳥取市内のスポットを4つご紹介します!

鳥取市は、
モサエビという、鮮度が保てないためここでしか食べられないエビや、
鳥取和牛というサシが美しいブランド牛を提供していたりと、
実は美食の町。
さらに、市街地に温泉も湧いている珍しいところでもあります。

それに加えて、夜の空は日本一!

今回ご紹介する4スポットは、
どれも鳥取市の中心街からあまり離れていないので
手軽な旅ができますよ。

なお、日本最大級の天体望遠鏡がある
公開天文台「さじアストロパーク」も鳥取市内にあるのですが、
それなりに山奥の方ですので、今回の記事からは外しています。

ただ、宿泊も含めた本格的な天体観測をお望みなら、
「さじアストロパーク」が行き先の最有力候補ですよ!

 

<鳥取城跡(久松公園)>

まずは鳥取市内の中心地のスポットから。
JR鳥取駅から100円の循環バスで10分もかからない、
鳥取城の跡、久松(きゅうしょう)公園です!

風情ある明治時代の洋館「仁風閣」は、
実写版映画『るろうに剣心』の撮影ロケ地でもありました。

鳥取城は、現在は天守閣は残っていませんが、
石垣と掘の立派さに驚くかも!

豊臣秀吉に兵糧攻めにされたことでも有名ですが
このカッコいいデザインの石垣や規模感は一見の価値ありです。

鳥取城に利用された久松山(きゅうしょうざん)は、
30分〜1時間ほどで頂上まで登れる気軽さですが、
その山頂からの眺めは一級品です!

説明板が多数あり、整備が行き届いてはいるのですが
その場ではパンフレットが見つけにくく、
登頂経路も複数あるので順路がわかりにくいのは難点でしょうか。

しかし、それをふまえても有り余るほど、
360度、中国山脈から日本海や鳥取砂丘までも見渡せる
その絶景には大満足でしょう。

そして、その開けた空は、夜には・・

  

<白兎海岸・白兎神社>

「因幡の素兎(白うさぎ)」伝説はご存知でしょうか。

後の大国主(大黒様と同一人物)となる若い神様が、
兄たちと共に稲羽の八上姫に求婚しにいく途中、
ワニ(サメとも)に皮を剥がれたウサギを助ける話です。

その舞台となった砂浜は、
鳥取砂丘の一続きだったエリアの西端でもあります。
(現在は鳥取空港などで分断されています)

ウサギを助けた心優しい大黒様は八上姫と結ばれる、
というウサギの予言通りになりました。
それにちなんで、白兎海岸のそばにある白兎神社は
恋愛成就の聖地として全国から若者の訪問を受けています。

また、ウサギの怪我を治した、ということから
医療や医薬の発祥地とも言われていますよ。

そんな白兎神社と白兎海岸は、
晴れでも曇りでも、雨だとしても趣ある素晴らしい景色と評判。

晴れた日の夜なら、さぞかしカップルで見る星空も格別でしょうね!

 

<河原城(若鮎城)>

天守閣自体は新しく、
平成の地域おこしの「ふるさと創生事業」として
歴史資料館としてオープンしました。

元々は「河原城(愛称:若鮎城)」という名の城はなく、
丸山城と呼ばれた砦があった場所だそうです。

歴史が浅いのでは・・?とガッカリすることなかれ、
250円で入れる歴史資料館は、
地域の郷土資料を楽しむ分には十分なクオリティです。

そしてなによりこのあたりは、
先にご紹介した「因幡の素兎」で、八上姫と大国主の出逢いの地。

日本最古のラブストーリーとも言える伝説の場所が、
現在は地域の観光名所として、
近代的な建築のお城がライトアップされています。

そこからの眺めがまた特徴的。
河川の向こうに遠く鳥取砂丘が見え、逆を見るとおだやかな中国山地。
ライトアップが終わる21時以降は、
その広い空に星空が広がる光景が好評ですよ。

 

 

<鳥取砂丘>

鳥取砂丘

なんだかんだで結局、
鳥取のスポットで最後にたどり着くのはここになりますね。

出回る画像が昼間のものが多いですが、
もちろん、ここも星取の名スポット。

想像してみてください。
この雄大な景色の、空の部分が星空となっているところを。

まるで月に降り立ったような景色ではないでしょうか?

星空がよく見える新月の晴れた日、と限られた条件でなくとも、
夜の砂丘は寝転んで見ると天然のプラネタリウム。

砂丘には自分の居場所を把握するために、
地図と現在地が記されたポールが多く設置され、
夜の闇とはいえ遭難する心配はありません。

ただ、より安全に確実に満点の星空を楽しみたい人向けに
ツアーも組まれていますので、
事前に調べて計画的に行くのもいいですね。

 

  

******************

以上、鳥取市内の星空スポット特集でした!
 
 
こちらのサイトに格安ツアーがないかも、
チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る