【山陽】コスパ抜群!おすすめスポット5選

こんにちは!
旅行ライターのトラベル太です。

『格安旅行ならTakeOff』では、
ただただ「安い!」というだけではなく、
コスパに優れた「オトク感」満点のオススメスポットをお届けします!

 

今回は、【山陽】編です。

 

<まるで沖縄の海?角島大橋>

角島大橋

コバルトブルーの海に、島に向かってまっすぐ伸びる構図が印象的な角島大橋(つのしまおはし)。
離島架橋としては日本2位の長さであり、通行料はかかりません。

「絶景を眺めるだけのために長い時間、車を走らせるのは・・」と、ためらうことなかれ。
天気が良ければ、たびたび映画やCMのロケに使われる感動的な景色だけでも数時間は過ごせると評判で、橋の本州側の付け根にある海ヶ瀬公園には眺望台が整備されています。
大橋と海に沈む美しい夕日を眺めながら食事できるイタリアンレストラン『GABBIANO』もありますよ。

(※橋の中央にある道路脇の停車スペースは非常駐車帯ですので、そこでの撮影は控えましょう)

もちろん、橋を渡って角島を巡るのも見どころいっぱいでオススメです。
時間に余裕があれば、島の中央にある観光案内総合施設「しおかぜの里」でレンタサイクルして、ゆったりと潮風を浴びるサイクリングも楽しいですね。
緑色のインパクトが大きい名物「わかめソフト」は、ほのかな磯の香と塩味のバランスが意外とおいしく、くせになる人も!

 

<地上と地下世界の美しさを同時に堪能!秋吉台・秋芳洞>

秋吉台は、日本三大カルスト台地に数えられ、その中でも最大の面積を誇ります。
秋芳洞も、日本三大鍾乳洞のひとつであり、こちらも日本最大規模です。

つまり、地上の景観の壮大さも、地下世界の異様な迫力も、どちらも日本でナンバー1!

大空を見渡す広大な草原の広がる秋吉台は、ヒツジの遊牧のようにみえる石灰岩があちこちに露出し、ドリーネと呼ばれるくぼ地とあいまって独特な絶景です。
四季によってまた違った表情を見せ、サイクリング、ドライブ、ランニング、ハイキングなど、様々な楽しみ方ができますよ。

その膨大な石灰岩が地下水脈によって長い年月をかけて削られて生み出された多くの鍾乳洞の中で、最も規模が大きく見どころ満載なのが、秋芳洞。
神秘的に染まる青天井や、金色に輝く黄金柱、皿状の岩が斜面に連なる百枚皿・千町田など、悠久の地球の歴史が作り出した自然の造形美をじっくり味わえます。

 

 

<古代ロマンが目白押し!吉備路サイクリング>

備中国分寺 (Bitchu Kokubun-ji) 07 Apr, 2013 - panoramio.jpg
By Hiroaki Kaneko

岡山県には、古代の大和朝廷と同じ時代、この地の豪族の連合政権?とも考えられている「吉備国」がありました。

いまだに多くの謎が秘められたままの古代王国の名残の史跡の象徴は、日本最大級の「造山古墳」。
5世紀前半に築造された全長350mの前方後円墳で、日本全国でも4番目の大きさにも関わらず、自由に立ち入ることができます。(無料で見学可能な古墳としては国内最大)
周辺は開発がされておらず田園風景が広がるのどかなところですが、倉敷からほど近いJR総社駅からサイクリングロードが整備されており、駅前にはレンタサイクルお店もあります。

サイクリングの途中には、五重塔の美しい「備中国分寺」に立ち寄ったり、「吉備路もてなしの館」で休憩も。

さらに時間と体力に余裕があれば、「桃太郎」の原型となる「温羅物語」が伝わる吉備津神社や、鬼ヶ島として最も有力な候補である鬼ノ城まで足を伸ばして、古代ロマンをたっぷり満喫する一日となりますね。

 

<坂道だらけの小さなエリアに見どころいっぱい!尾道めぐり>

尾道 おのみち Onomichi, Hiroshima

映画の街、文学の街、坂の街・・・
海と山に囲まれ潮の香りが漂う小さな街は、江戸時代から港町として発展してきました。
志賀直哉や林芙美子といった文学者や、『時をかける少女』の大林宣彦監督(尾道出身)ら、多くの文化人に愛されてきた、歴史情緒あふれるところです。

レトロな古民家カフェもたくさんあり、「千光寺新道」や「猫の細道」に代表される起伏に富んだ小道は散歩するだけでも楽しくノスタルジーが味わえますよ。

その入りくんだ路地のあちこちに、地元のアーティストが石に猫のペイントをした「福石猫」が1000個以上あると言われ、3回なでたら願いごとが叶うという噂があります。

弘法大師・空海が開いた千光寺に向かう千光寺山ロープウェイで一望する、瀬戸内海と街の眺望(天気が良ければ四国山脈まで!)は旅のハイライトになるでしょう。
尾道ラーメンの元祖『朱華園』や、明治時代の銭湯を改装したカフェでのグルメを堪能できるのも嬉しいですね。

 

<うさぎの楽園!?大久野島>

こんな感じで島のあちこちにウサギがいました@広島県の大久野島の兎たち
posted by (C)白石准

最後に、数ある広島県の観光スポットの中でも変わり種をご紹介します。

それはかつて地図から消されたことのある(※後述)、瀬戸内海に浮かぶ大久野島(おおくのしま)。
「うさぎ島」の異名を持つ小さな島です。

約700羽ものキュートなウサギが出迎えてくれるので、国内外のウサギファンから話題沸騰となっています。
この人懐っこいウサギたちは、1971年に地元の小学校から放された8羽が野生化して増えたと考えられています。
エサやりOKですが、掲示されている禁止事項をよ~く確認して、マナーを守ってかわいがりましょう。

そしてこの島はウサギだけではありません。「休暇村」の運営するれっきとしたリゾート地でもあるんです。
充実した温泉宿泊施設に、風光明媚な瀬戸内海の眺めをのんびりリラックスして楽しめるアクティビティも充実していますよ。

そんな癒しの島ですが、かつては軍事施設が置かれたために地図上では隠され、秘密裏に化学兵器の実験・製造が行われていた暗い歴史があります。
広島県は原爆ドームなど戦争の記憶を風化させないための施設も多いですが、大久野島にも展示されている毒ガス資料館に立ち寄り、平和への思いを新たにしましょう。

 

**********

以上、山陰陽地方を旅行する際に
コスパ抜群のオススメスポット5選でした!

こちらのサイトに格安ツアーがないか、チェックしてみてくださいね!

http://www.nta.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る